蜂の巣退治を行なう上で注意しておきたいことを紹介

自宅に巣が作られたら一刻も早く蜂の巣退治をしよう  
  
自宅に巣が作られたら一刻も早く蜂の巣退治をしよう

スズメバチに襲われる前に蜂の巣退治を

蜂は、人間のように言葉で情報伝達を行なうことができません。ですから、他の手段を用いて仲間たちと情報のやり取りをするのです。危険を察したときも、一斉に攻撃するために仲間へ知らせるので、退治の際には気を付けましょう。

蜂の巣退治で気をつけること

スズメバチを見かけたので退治してもいいですか?
危険なのでやめた方が良いでしょう。下手をするとスズメバチの大群に襲われる危険性があります。スズメバチは人と違って言葉を交わしません。言葉の代わりに使われる情報伝達手段は、フェロモンです。フェロモンを分泌することによって仲間に情報を伝達します。スズメバチが警報フェロモンを分泌すると他のスズメバチを呼び、攻撃をすることがあるのです。
蜂の巣退治する際に気をつけることはありますか?
蜂の巣退治をする時は、まず自分の身の安全を守るために、防護服を着用することを忘れないように気をつけてください。他にも蜂が活発に行動をする8月~10月に駆除をするのも避けるようにしましょう。もし、防護服がないのであれば代わりに手袋や長靴、ゴーグルなどのアイテムを用意して体を完全に守れるようにしてください。
蜂の巣退治はいつ頃がいいですか?
蜂の巣退治をするなら、1月~3月に行なうのが最も安全といえるでしょう。なぜなら、女王蜂以外は越冬することができず、働き蜂は全滅しているからです。そのため、1月~3月の時期に残っている蜂の巣は中身が空か女王蜂のみの可能性が極めて高いといえるでしょう。しかし、油断禁物なので念のため、他に蜂が生き残っていないかをチェックしてから蜂の巣退治をするようにしてください。

子供がいる家庭は早めに蜂の巣退治を行なうように

自宅に蜂の巣が作られているのであれば、早めに蜂の巣退治をしたほうが良いでしょう。蜂の巣が近くにあると、常に危険地帯にいるのと同じといえます。子供がいる家庭であれば、子供の安全のためにもすぐに蜂の巣退治をした方が良いです。蜂に刺されると蜂の毒が原因となり、アナフィラキシーショックを起こす恐れがあります。このショック症状を起こすと死に繋がるケースが多いので注意しましょう。

万が一に備えて蜂の巣退治を依頼する

蜂は一匹いるだけでも人にとっては十分に危険な存在となります。特に獰猛なスズメバチなどは、自分で駆除するべきではありません。

スズメバチの蜂の巣退治を依頼する

市役所
蜂の巣退治をする時に、その巣がスズメバチの巣であれば市役所に一度連絡をすると良いでしょう。スズメバチは大変危険な蜂であるため、市役所が無料で駆除をしてくれることがあるのです。しかし、場所によっては全額負担をしてくれないところもあります。駆除費用の一部負担や、業者のみを紹介するだけなど対応が様々です。
駆除業者
スズメバチなどを駆除してくれる業者に、蜂の巣退治を依頼すれば安全に確実に蜂の巣退治を行なってくれます。蜂の巣退治は業者がやってくれるため、自分が蜂に刺されるなどの危害を受けることがありません。また、難しい場所での駆除作業も難なくこなしてくれるのです。蜂を退治するための機材がすべて揃っているので、場面に適した機材を使いスムーズに作業を行なってくれます。

蜂の巣退治を行なう際は、巣の大きさを見てから自分でやるようにしましょう。蜂の巣が大きくなければ、自分で退治することも可能です。ですが蜂の巣が大きければ、自分でやるのは賢い選択とはいえません。巣が大きい場合は、特に蜂駆除業者に駆除の依頼をするようにしましょう。

TOPボタン