蜂の巣退治をするために適した時期を見つけよう

自宅に巣が作られたら一刻も早く蜂の巣退治をしよう  
  
自宅に巣が作られたら一刻も早く蜂の巣退治をしよう

蜂の巣退治のために越冬後の対策を

越冬後に巣を作られないようにするためには、ちゃんとした対策が不可欠となります。罠をしかけて、女王蜂を駆除するのも良い対策となるでしょう。

蜂の巣を作らせないように対策

女王蜂を捕まえる罠
女王蜂を罠にはめることによって、巣を作られるリスクを未然に防ぐことができます。女王蜂を捉えるためのトラップ作りは非常に簡単です。まずペットボトルを用意しましょう。ペットボトルに入口を一つ作ります。おびき寄せるためには、ペットボトルの中に甘い砂糖水を入れておくと良いでしょう。また、一度入ったら出られない仕組みにすることで、侵入した女王蜂を確実に駆除することができます。
蜂除けのスプレーや木酢液を吹きかける
危険なスズメバチに巣を作らせないために、蜂除けスプレーや木酢液を気になる場所に吹きかけておきましょう。特に、蜂が巣を作りそうなポイントを見つけてから吹きかけるようにすると効果があります。しかし、この蜂除けのスプレーや木酢液は、定期的にやっておかなければあまり意味がありません。理由としては、長時間放置しているとニオイが徐々に薄れていくからです。
家の中に侵入できないようにする
蜂を家の中に侵入させないようにするためには、まず網の目が細かいネットを使ってみると良いでしょう。蜂がすり抜けられない程のネットを設置すれば確実に侵入してくることができません。他にも、虫除けで使われている忌避剤を窓に設置するのも良い手段といえるでしょう。忌避剤やネットを併用することによって更に高い効果を発揮します。

働き蜂が活動する前に蜂の巣退治を

蜂

蜂の寿命はそう長くはありません。多くの蜂は、1年も生きることがないのです。1年以上生きられるのは、女王蜂くらいだと考えていいでしょう。大抵は、7ヶ月~10ヶ月程でみんな死んでしまいます。理由としては、越冬することができないからだといわれているのです。そのため、働き蜂は必ず一度全滅します。そうなると、越冬後には女王蜂一匹しか残りません。この女王蜂しかいいない期間を狙い駆除をすることで、比較的安全に簡単に蜂の巣退治をすることができるでしょう。

TOPボタン