蜂の巣退治を確実に安全に行なうための方法

自宅に巣が作られたら一刻も早く蜂の巣退治をしよう  
  
自宅に巣が作られたら一刻も早く蜂の巣退治をしよう

確実に蜂の巣退治をするために

作業員

スズメバチの巣を駆除するなら、ちゃんとした手順で駆除作業をする必要があります。ここではその手順を紹介していきます。

蜂の巣退治の流れ

蜂の巣から離れて殺虫剤を噴射

蜂の巣からはできるだけ離れたところから、殺虫剤を使うようにしましょう。蜂は、殺虫剤に非常に弱いです。そのため、蜂の巣に1分くらい吹きかけるだけでいいでしょう。殺虫剤一本あれば、多くの蜂を駆除することができます。

蜂の巣を取り除く

蜂の巣退治をして巣を撤去する時には、網を使うと良いでしょう。網の部分にはゴミ袋を被せ、蜂が逃げないようにします。防護服さえちゃんと着ていれば蜂が寄ってきても大丈夫なので、冷静に作業をするようにしましょう。

蜂の巣を袋に入れるまで注意

蜂の巣をごみ袋に入れて、袋を閉じれば蜂の巣退治完了となります。殺虫剤によって多くの蜂が死に絶え地面に落ちていることでしょう。しかし、蜂がもし死んでいたとしても、毒針がついているので触らないように注意してください。念のために、トングなどを用意して回収するようにしましょう。

駆除業者が教える蜂の巣退治のコツ

ここでは、スズメバチ駆除業者が実際に使っている手法を紹介していきます。参考までにチェックしてみましょう。

スズメバチの巣の開口部を塞いでから殺虫剤を噴射すれば安全です (駆除業者)

スズメバチの巣は出入り口が一つしかありません。出入り口が一つしかないということは、その穴を塞いでしまえば蜂は中から出てこられないということになるでしょう。そのためまずは、一か所しかない出入り口を塞ぎます。次は、スプレーを巣の中に吹きかけてください。巣の内部では殺虫スプレーが充満するので、スズメバチを一匹残らず駆除することができるのです。

夕方以降なら蜂も巣に戻るので逃がさずに退治できます (駆除業者)

夕方以降になれば、蜂は自分の巣に戻ってきます。外に出ていた蜂もすべて巣の中に収まっている状態であれば、蜂の巣駆除も行ないやすいです。また、蜂は夜になると行動が鈍くなるので、退治がしやすくなります。なので、夜の時間が一番蜂を一網打尽にするのに適しているといえるでしょう。殺虫スプレーをずっと噴射し続ければ、蜂も反撃できずに死んでしまいます。

TOPボタン